2008年 03月 16日 ( 1 )

145.(余滴)講談協会分裂小史

昭和四十年以降の講談協会の分裂と統一の歴史をまとめると
1965年(昭和40年)
2月 「講談組合」頭取 四代目邑井貞吉死去
4月 「講談組合」頭取 五代目一龍斎貞丈就任
五代目宝井馬琴五代目神田伯山組合を脱退し「東京講談組合」設立
1967年(昭和42年)
2月 馬琴・伯山講談協会に復帰(上野鈴本伊藤支配人の斡旋)
1968年(昭和43年)
7月 「講談組合」頭取五代目一龍斎貞丈死去
◆講談協会設立
8月 「講談協会」設立(会長宝井馬琴・事務局長神田山陽)
1970年(昭和45年)
3月 新会長神田山陽就任(理事長貞鳳・理事ろ山・伯治・芦州・貞丈)
宝井馬琴脱退
1973年(昭和48年)
◆「講談協会」解散し二団体に分裂
5月11日「講談協会」(会長神田山陽)天の夕づるのポルノ講談が原因で解散
「講談組合」(会長神田ろ山・小金井芦州・神田伯治・一龍斎貞水・宝井琴鶴) 賛成派
「日本講談協会」(会長神田山陽一門・田辺一鶴一門)反対派
一龍斎貞丈は反対であったがフリーに
1974年(昭和49年)
◆三団体に分裂
2月「講談組合」より宝井馬琴門下の琴鶴・琴梅・琴桜・一龍斎貞丈門下 の貞正脱会
「東京講談会」を設立(会長宝井馬琴一門・一龍斎貞丈一門) 
1976年(昭和51年)小金井芦州「講談組合」脱退
1977年(昭和52年)宝井馬琴「東京講談会」脱退
1979年(昭和54年)神田伯龍「講談組合」脱退
1980年(昭和55年)
◆講談界再合同 
7月 「講談協会」設立(会長宝井馬琴・副会長神田山陽)小金井芦州復帰
(演芸連合理事長三遊亭金馬・副理事長春風亭柳昇の斡旋による)
神田伯龍・悟道軒圓玉・一龍斎貞山は不参加
1985年(昭和60年)
10月 「講談協会」会長宝井馬琴死去
1986年(昭和61年)
4月 新会長神田山陽・副会長一龍斎貞丈・小金井芦州
1991年(平成3年)
◆二団体に再分裂
4月 「講談協会」会長小金井芦州就任・神田山陽は最高顧問
10月 山陽一門選挙方法に異議を唱へ脱会
「講談協会」(会長小金井芦州:宝井・一龍斎・田辺・小金井)
「日本講談協会」(会長神田山陽:一門)
by koganei-rosyu | 2008-03-16 06:34 | 聞書き:自伝